カレーなど脂っこい食事にビーファットが効果的

「ビーファット」は、スイスのロシュ社が製造するダイエット医薬品の「ゼニカル」のジェネリック品です。通常、食べたものに含まれる油は、小腸でリパーゼという消化酵素により、脂肪酸に分解されます。摂取した油の量が適切であれば、脂肪酸は中性脂肪を主とするカイロミクロンに変化して代謝されますが、油の量が多いと、代謝しきれずに脂肪細胞として蓄積されていきます。ビーファットは、リパーゼの働きを抑える作用があり、摂取した油のうち30%程度を吸収させずにそのまま体外に排出する効果があります。ビーファットを摂取している期間中は、脂肪以外にも脂溶性ビタミンの吸収も妨げられますので、ビタミン剤を補うことが望まれます。
ビーファットは、カレーやラーメン、焼き肉など、油を多く含む食事をする際に合わせて摂取すると効果が高くなります。逆に油分の少ない食事をしている場合や、食事をあまり摂取していない場合には、効果が出にくくなります。そのため、普段の食事でカレーなど脂っこい食事が多い方や、外食の機会が多い方で、食べるのを我慢したくないという方に向いている薬といえるでしょう。
ビーファット摂取後の注意点として、トイレに行ったときに、カレーやラーメンなど食事で摂取した油が排出されるため、通常よりもトイレが汚れやすいことがあげられます。業務用の強力な洗剤が必要になることもあるようです。また、おならをしたときに油が排出されてしまい、下着を汚してしまうこともありますので、ナプキンやライナーを使用すると、汚れてしまったときにも安心です。トイレに行く回数が増えることもあるので、仕事や外出の予定に合わせて服用することをおすすめします。