痩せると評判のビーファットの体験談について

「ビーファット」は、ゼニカルのジェネリック医薬品で、脂肪の吸収を約3割カットし、体の外に脂肪を排泄する作用のある薬です。有効成分は、オーリスタットで、腸のリパーゼに作用して、腸管から脂肪の吸収を阻止する作用があります。食欲を抑制することなく、摂取した油を食べなかったことにできる薬とされています。服用を続けることで、ビタミンA・D・E・K・βカロテンなども体に吸収されにくくなるため、脂溶性ビタミンをサプリメントなどで補うことが望ましいといわれています。ビーファットは、食事に含まれる油を排出する薬のため、食事を摂取していないときに服用しても効果はないとされています。
インターネット上でビーファットを実際に服用した人の体験談をみると、23日目で2キロ痩せることができた、5日で1キロ痩せることができた、外食に合わせて服用したら10キロ痩せることができた、トンカツやラーメンを食べ続けていても標準体重に戻ったなど、続けるうちに体重減少を実感できたという口コミが多くみられました。また、ビーファットを服用すると、目に見える形で油が排出されるのが分かるので、これからも続けていきたいという声も多くありました。体験談の中では、油がそのまま出てくるので、油が便器にこびりついてトイレ掃除が大変になった、おならをすると油が出て下着を汚してしまうので、ナプキンのようなものをあてておいた方が良いという感想もありました。体験談の中にはトイレの頻度が多くなるので、仕事中や外出中に困ることがある、生理中は使わない方が良いかもしれないという声もみられました。ジェネリックの分、価格が安いので助かっているという声もありました。