肥満外来でも痩せない事があります

私たち現代人には肥満が増加しています。
これには多くの理由が存在します。
1つめは食糧事情が変化したことです。
お店が沢山あるので、すぐに食べ物を手にすることができるようになりました。
2つめは交通機関の発達です。
公共の乗り物や自家用車などが
発達し、自分の足を使ってあることが少なくなりました。
3つめは機械の発達です。
機械がの技術が進歩したことにより、自分で物を持ち運ぶことが少なくなりました。
4つめは忙しさです。
現代人はとにかく忙しく、運動をする時間を取ることが難しいくらい働きます。
これらが原因となって現代人に肥満が増えているのです。

これらの対策をするために現在では多くの方法が考案されています。
その中に肥満外来があります。
肥満外来は肥満を病として考えて治療する病院です。
また肥満によって起こる生活習慣病に悩む人の治療を健康保険の適用範囲内で行なえるのです。
この健康保険が適用される人の対象は肥満指数が35以上の人、睡眠時に無呼吸になる人、高脂血症や糖尿病や高血圧などがある人、膝や腰が痛む人などです。
この肥満外来を利用する際にはカウンセリング、腱さ、ダイエットプランの提示、ダイエットの実行、アフターケアの流れで行ないます。
しかし、どんなに医師が診察して治療しても痩せない事があります。
それは利用者が痩せる気がない場合です。
肥満の場合は他の病気と違って生活習慣自体を変えようとする意志が必要なのです。